昔のできごと
「散歩自分史」のすすめ(前編)新着!!

一般社団法人自分史活用推進協議会理事 河出岩夫 1,はじめに 「自分史」と他の言葉をつないでみると、時にわくわくするような世界が広がることがある。たとえば、「散歩」と「自分史」を組み合わせた「散歩自分史」という言葉。この […]

続きを読む
自分史全般
自分史コラムに応募

一般社団法人自分史活用推進協議会理事 前田 浩 一般社団法人自分史活用推進協議会ホームページの自分史コラムで、20数名の自分史活用アドバイザーが2010年11月21日の初回投稿から350本ほどの情報を発信してきました。1 […]

続きを読む
自分史の活用法
ときめきの自分史―今なぜ自分史は注目されるのか

一般社団法人自分史活用推進協議会理事 河野初江 自分史とは個人の歴史のことで、つくり方や表現も自由なものです。1975年(昭和50年)に歴史学者の色川大吉氏が戦前戦後の歩みを振り返り、「庶民こそ自分の歴史を語るべきである […]

続きを読む
自分史全般
自分史コラムを書く特権

一般社団法人自分史活用推進協議会理事 菖蒲 亨 自分史活用アドバイザーになって10年になって、今日、初めて、自分史活用アドバイザーにしか書けないこのネット上の場所に、自分史コラムを書こうとしています。 自分史コラムには大 […]

続きを読む
自分史全般
秋晴れの日に

一般社団法人自分史活用推進協議会理事 河出岩夫 2023年11月、澄みわたる秋晴れの日にお客様のもとへ自分史エッセイ『おもいで小鉢』をお届けしました。ご依頼主は千葉県在住の久保田乃芙子さん。ご夫婦で事業を営む傍ら家庭菜園 […]

続きを読む
自分史の活用法
夫の勧めで自分史作り 生きた証残し 旅立った上谷玲恵子さん

自分史活用アドバイザー 櫻井 渉 「どのような奥様でしたかと聞かれたら、作った本を手渡しています」東京都武蔵野市の上谷(うえたに)良憲さんはこう話した。良憲さんの妻玲恵子(れいこ)さん(享年71)は、随筆や歌をまとめた自 […]

続きを読む
自分史全般
こおりやま産業博2023に「自分史」で出展しました(ワークショップ編)

自分史活用アドバイザー 武田悦江 「こおりやま産業博」では、昨年から出展企業にワークショップ開催を推奨しています。「知らなかった自分の才能を開花させよう」というテーマで、今年は40ブースのワークショップが開催され、ファミ […]

続きを読む
自分史全般
こおりやま産業博2023に「自分史」で出展しました(学生さんのブース訪問)

自分史活用アドバイザー 武田悦江 こおりやま産業博とは? 福島県郡山市における商業・工業・農業・観光・福祉・文化などの産業を結集、オンラインも利用したニューノーマルな総合展示会。こおりやま産業博実行委員会(郡山市・郡山商 […]

続きを読む
自分史の活用法
書き上げた自分史を別の形で利用してみる

自分史活用アドバイザー 関 和幸 先日、中学生・高校生が自分史を題材にしたオリジナルミュージカル公演を開催……という記事を読んだ。公募で出演が決まった10名の中高生の自分史から、印象的なエピソードを集めて脚本化したらしい […]

続きを読む
自分史の活用法
自分史を作るのに最適な年齢は?

自分史活用アドバイザー 関 和幸 最近、「小学校2年生の孫が『自分史』を作るというので驚いた。どうやら学校で『自分史づくり』という授業があるようだ。本来、自分史は人生の総まとめを意識する年齢で書くべきものではないのか…… […]

続きを読む