10月26日に東京国際フォーラムで自分史活用アドバイザー認定講座を開催しました

10月26日は自分史活用アドバイザーの認定講座でした。
有楽町の東京国際フォーラム会議室にて23名の受講者が集まり、9時30分から18時30分まで8つにカテゴリーされたカリキュラムを学んでいただきました。8つのカリキュラムは下記の通りです。

———————————-
1. 自分史の魅力と活用法、表現方法
2. 自分史のつくり方
3. 自分史を出版する
4. パソコンを活用した自分史の作り方
5. 自己分析ツールとしての自分史
6. パーソナルブランディングと自分史
7. コミュニケーションツールとしての自分史
8. 自分史活用アドバイザーの仕事の実際
———————————-

自分史活用アドバイザーを名乗るにはこの認定講座をすべて受講し、課題であるワークシートを提出する必要があります。試験があるわけではありませんが、講義にしっかりと取り組まなければワークシートは完成しません。私も2年前に受講しアドバイザーになったわけですが、1日で自分が「自分史」を作る過程を体験し、また「自分史」を活用したり、その作成を指導するための知識を得る9時間以上の講義は結構大変です。

ただ「自分史」の場合、まったく新しいことを学ぶというわけではありません。新たな発見や可能性を感じる1日になるはずです。また講座ごとのワークを通じ、仲間が徐々に増えていくのもこの講座の大きな特徴です。

最近は全国レベルでの受講者は増え、今回も仙台や沖縄の方々に参加していただきました。年齢や性別、職業も様々で認定講座というより交流会のような感じで、受講後は連絡先を教え合ったりされていました。お時間が許す方々は場所を替え、懇親会へ。講師を含めたアドバイザー数名も加わり懇親を深めました。

この認定講座は東京では年に3回(2月、6月、10月を予定)し、その他にも各地で続々開催を予定しています。現段階で決定している認定講座は下記の通りです。

【11月30日(日) 横浜】自分史活用アドバイザー認定講座1日間コース

【12月7日(日) 仙台】自分史活用アドバイザー認定講座1日間コース

「自分史」を普及していく仲間が増えていくこの認定講座、私たちアドバイザーも皆様との出会いを大変楽しみにしております。

馬場敦(自分史活用推進協議会理事、事務局)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA