すでに高齢化社会を通り越して、高齢社会になった日本。
定年制の廃止や定年年齢の延長などがあっても
いつかはやってくる現役からの引退・・・

(一方では若くして現役を引退するという早期リタイア、アーリーリタイアメントという考え方から「自ら現役引退を選択する」ということもあるようです。しかし、第二の人生をスタートさせる、というように考えれば、「今までとは異なる分野で再度現役として再スタートを切る」という事のようにも思われますが・・・。そのお話はまたの機会にでも・・・。)

いつかはやってくる定年というタイミングにおいて
自分史を通じて新しい人生、事業を興した方のお話がありましたので
ご紹介させて頂きたいと思います。

~自分史づくりで見つけた新たな目標~
ケイハンサービス株式会社 代表取締役 田中敏雄さん

現役引退後、目の前に広がる日常。
「これから何をしよう」と戸惑い、答えを見つけあぐねる人も多いだろう。
リフォーム会社、ケイハンサービス(大阪府吹田市)を設立した田中敏雄会長は、そんな状況から「自分史づくり」を通じて脱出、新たな事業を興した。

つづきはこちらでご覧ください。

自分史づくりで見つけた新たな目標