2018年8月7日(火)「自分史の日」に
自分史まつり‘18「スペシャルセミナー」開催!
自分史で人も街も元気に!

一般社団法人自分史活用推進協議会では、2018年8月7日(火)「自分史の日」に、「自分史で人も街も元気に!」をテーマに、連合会館(東京都千代田区神田駿河台)にて「自分史まつり‘18」スペシャルセミナー(入場無料)を開催します。

人生百年時代が言われ、あらゆる世代が地域で自立して生きることが問われるなか、人生を100年という長さでとらえ直してみませんか? 協議会では、8月7日(日)「自分史の日」に久恒啓一・多摩大学副学長を講師にお迎えし、「遅咲きの先人に学ぶ人生百年時代の生き方」をお話いただきます。

また、「まちなみで人も街も元気に」と精力的に活動している利根川英二・マーチングアカデミー塾長を迎え、「まちなみ」からの地域おこし、マーチング!「全国まちなみ百景」の活動から見えてきた人も街も元気になる方法をお話しいただきます。

人生百年。ともに生きよう、考えよう
明るい未来のつくりかた。

「自分史の日」スペシャルセミナープログラム

9:45受付

10:00 – 10:20
オープニングトーク 今なぜ、自分史か
河野初江
河野初江・一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事

らしくラボ代表

10:20 – 11:10 スペシャルセミナー1
遅咲きの先人に学ぶ人生百年時代の生き方

講師 久恒啓一・多摩大学副学長

高齢社会はリスクではなくチャンスが増える社会です。高齢者のスターが生まれる「遅咲き」時代です。ライフワークの「人物記念館の旅」で見つけた先人の生き方と珠玉の名言から人生百年時代を生きる勇気と智恵をもらいましょう。

プロフィール
日本航空(株)を早期退職し宮城大学教授に。その後、多摩大にて教鞭をとっている。著書は『図で考える人は仕事ができる』(日経)、『遅咲き偉人伝』(PHP)など百冊を超えている。

11:20 – 12:00 スペシャルセミナー2
「まちなみ」で人も街も元気に

講師 利根川英二・マーチングアカデミー塾長

見慣れた「まちなみ」も絵にすれば新しい魅力が。「まちなみ」からの地域おこし、マーチング!「全国まちなみ百景」の活動から見えてきた人も街も元気になる方法をお話しします。

プロフィール
東京都文京区湯島に生まれ育ち仕事場も湯島、1972年より私立玉川学園の全人教育を学び1982年玉川大学工学部経営工学卒業。小堀グラフィックを経て利根川印刷に入社、2010年(株)TONEGAWA代表取締役社長に就任。東京都印刷工業組合理事、一般社団法人マーチング委員会理事。

12:00 – 12:15
「まちなみ自分史」のすすめ

前田義寛・一般社団法人自分史活用推進協議会理事

自分史まつり’18 概要

会場:連合会館(2階201会議室)
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
東京メトロ「新御茶ノ水駅」B3出口(徒歩0分)、JR「御茶ノ水駅」聖橋口(徒歩5分)
アクセス⇒ http://rengokaikan.jp/access/
定員:60 名
参加:無料(予約不要)
主催:一般社団法人自分史活用推進協議会
特別協力:朝日新聞社
問い合わせ先 Email:info@jibun-shi.org Tel:080-2020-0142