岐阜新聞に、河野初江代表理事らが取材を受けた記事が掲載されました

2017年10月30日(火)の『岐阜新聞』に、河野初江代表理事のコメントにより構成された記事「自分史史作りで人生を再発見」が掲載され、思い出の写真にコメントを付けたり、映像にするなど自分史の手法が多様化していることや、被災地のケアなどさまざまな形で自分史が活用されていることが取り上げられました。また。福島県郡山で活動する自分史活用アドバイザーの武田悦江さんの被災地への働きかけが紹介されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*