読売新聞に、河野初江代表理事がコメントした記事が掲載されました

2018年2月20日(火)『読売新聞』の記事「泉ピン子さんの自分史作りー渡る世間を形に残す」にて、河野初江代表理事がコメント。「自己認識を確認し、家族や親族で共感を得るなど、コミュニケーションツールとしても自分史は活用できる」ことが取り上げられました。

会員向けの記事があります

閲覧にはパスワードが必要です。 パスワードは会員専用サイトに記載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA