自分史のつくり方、まとめ方、出版の仕方

自分史のつくり方、まとめ方、原稿の書き方、出版などの形にする方法などについて解説します。

自分史の様々な表現方法

自分史というと、本のイメージが強いですが、文章に書くことだけではなく、年表、写真、イラスト、コミック、ビデオ、音声などいろいろな表現方法があります。また最近は新しい切り口として、ラ...

詳しくはこちら

昔のことの思い出し方

いきなり昔のことを思いだそうとしても、思い出せないという方々が多いと思います。何もないところから思い出すのは難しいですが、何かきっかけがあると思い出しやすくなります。ここでは昔のこ...

詳しくはこちら

文章をまとめるときのポイント

ここで、人に見せることを前提に、文章をどのようにまとめていけばいいか、ポイントとなることをあげてみましょう。 まずは書けるところから書いてみる 文章を書くのが苦手な方は、なかな...

詳しくはこちら

図書館と自分史

自分史を書こうとする際に事実を確認したり、自分のルーツを深く調べたりする必要が出てくる場合があります。その場合、ネットや書籍を購入されるという方もいらっしゃいますが、図書館を利用す...

詳しくはこちら

思い出の場所を巡ろう

私が所属している東京都行政書士会町田支部では、昨年より法教育出前授業ということで、町田市の小学6年生に対し「きまり」や「法律」に関する授業を行っています。授業には講師のほかにサポー...

詳しくはこちら

エッセイ式自分史の作り方

今私が自分史活用アドバイザーとして携わっている案件で、亡くなったお父様の残した断片的エッセイのような文章をまとめて、お父様の生きた証として1冊の本にして親族の方々に配りたいというお...

詳しくはこちら

パソコンと自分史

パソコンと自分史 パソコンスキル 自分史を作る(書く)といった場合、手書きにするかパソコン(ワープロソフト)で入力するかといった選択の問題があります。どちらにも利点がありご自分...

詳しくはこちら

子供・孫を通じた自分史作り

自分史とは言えないかもしれませんが事細かに赤ちゃんの記録をつづった成長記録は将来的に赤ちゃんが大人になった時には、ものすごい価値と歴史をもった自分史として活用できると思います。(既...

詳しくはこちら

ライターを使った「自分史」を作るには

自分史を書籍などにする場合、大きく分けて、自分で書くか、それ以外の人に書いてもらうかの2パターンに分かれるかと思います。 自分で書く場合のメリットとしては 1. 費用が掛か...

詳しくはこちら

自分史と著作権

自分史と著作権 自分史を本にして残す場合、著作権について考えることは重要です。現代はインターネットなど至るところで文章や写真など利用しようと思えば気軽にできてしまう環境です。悪意...

詳しくはこちら

ライフログと自分史

ライフログとは ライフログという言葉があります。IT(情報技術)の世界で使われることが多いかと思いますが「人間の行い(life)をデジタルデータとして記録(log)に残すこと。」...

詳しくはこちら

物は自分史の宝庫

私の知り合いで15年乗り続けた愛車を手放して新車を購入した方がいます。新車が納品された日、営業マンは当然のように今までの車を引き取っていきます。そのとき思わずのその後姿を写真にとり...

詳しくはこちら