【シネマで振り返り 38】父と娘のサクセスストーリー …… 「ダンガル きっと、つよくなる」

自分史活用アドバイザー 桑島まさき

数々の感動ドラマが展開された平昌冬季オリンピックが終わった。この原稿を書いていた2月下旬、数々の感動ドラマが展開された平昌冬季オリンピックから戻ってきた選手たちを、大勢のファンが出迎え盛り上がるニュースがずっと流れていた。とりわけ、メダルに手が届いた選手たちは連日、メディアに登場し話題を集めた。記憶に残るすばらしい大会だった。それにしても、メダルを獲得することは難しい。一番高い表彰台に上るのはさらに難しいとつくづく思う。
今回ご紹介するインド映画は、インド国内のみならず国外でも大ヒットを記録した「ダンガル きっと、つよくなる」。「ダンガル」とはインド語で、レスリング、ファイター、挑戦を意味する。実存するレスラー姉妹と彼女たちの熱血パパとの汗と涙の実話を元にした作品だ。

©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

広大なインドの小さな田舎町、レスリングの国内チャンピオンになったものの生活のため競技生活を続けられず引退した男マハヴィル(アーミル・カーン)は、自分の夢(世界大会で金メダルをとる)を子どもに託したものの、4人の子どもたちはすべて女子ばかり。諦めて平凡な生活を送っていたところ、長女ギータと次女のバビータが近所の男の子とケンカしてボコボコにやっつけてきたことで娘たちのレスリングの才能を見抜き、眠っていた夢の実現のために「巨人の星」の父のごとく猛烈パパに変身する。
早速、父の特訓が始まる。娘たちは男の子のように髪を短く刈られ、短パン姿で走らされ、レスリング体型になるために甘いおやつは禁止、毎朝5時起きでしごかれる。小さな町では、娘は家事の担い手かつ14歳になったら顔を見たこともない男性に娘の意思などおかまいなしに嫁がされる風習が続いている。そんな中で、女子が男子のような恰好をして「男のスポーツ」をしているとして、父も娘も笑われている。思春期の娘たちは男勝りだが他者の評価が気になり恥ずかしくてたまらない。それでも父の特訓は続く。
やがて、娘たちは厳しい練習に耐え強くなっていく。そしてある時、父は長女のギータを男子のレスリング大会に参加させる。善戦したものの男子に負けてしまうギータに、彼女の戦いぶりを見て心動かされた人たちは惜しげもなく拍手喝采を送るのだった。そして、レスリング女子、ギータとバビータは町の人気者となり競技人生が幕をあけるのだった……。

男を投げ飛ばす女に成長した姉妹。特に長女のギータは国内負けなしとなり、インド代表選手に選ばれ、父と離れて国立スポーツ・アカデミーに入団するために都市部で生活することになる。小さな町で育ったギータにとって、都会での暮らしは何もかも新鮮。練習そのものも父の特訓のような苦しいだけのものではなく効率的で、なにより選手たちがオシャレもするし趣味も楽しんでいる。生活環境の変化による価値観の揺らぎにより、それまでの家族のあり方が変わってゆく。どの家族も同じなのだが。休暇で実家にもどっても父の教えが古く感じてしまい、親子の間には距離ができ、かつてのように父の教えに耳を貸さなくなってしまうのだった……。

©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

しかし、そんな娘も何かが狂い、勝てなくなり自信喪失の日々が続く。そして、娘は再び父に教えを請うのだった。娘のために田舎からかけつけた父は、勝てなくなった娘を勝利に導くために試合のビデオを、仕方なくいかがわしい映画館を借り切って鑑賞・分析し、意見のあわない娘のコーチとはニアミス続き。果たして娘は栄光を勝ち取ることができるのか?
実在のギータは日本代表でオリンピック3連覇の吉田沙保里選手や4連覇という偉業を成し遂げた伊調馨選手とも対戦したことがある。2010年には、コモンウェルス/インド大会(オリンピック、世界選手権につぐ国際的な大会)で、ギータは55キロ級で金メダルを、バビータは51キロ級で銀メダルを獲得している。そして、2012年のロンドンオリンピックにはギータはインドで初めてオリンピック出場を果たした。

コーチとの確執(卑怯で情けない!)やスランプを乗り越えた娘。古い因習や価値観にとらわれず娘の才能を見抜き、諦めずに自分の人生は自分で設計することを教えた父。娘たちを形成した父の教えは感動のラストへと結実する。情熱と強い絆で結ばれた父と娘のサクセスストーリーは、男よりも低い位置にいる女性たちにどんなに勇気を与える(た)ことか。熱い思いが、人をつよくするのだ、きっと!

※「ダンガル きっと、つよくなる」 2018年4月6日~
TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
映画『ダンガル きっと、つよくなる』公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*