【シネマで振り返り 33】ある上流階級主婦の孤独な闘い ………「エデンより彼方に」

自分史活用アドバイザー 桑島まさき

「桜は人を狂わすというけれど、もみじは人を黙らす。燃える炎を思わせる複葉には桜にはない神々しさがあり、それは見る者の胸に限りない静寂と、小さな畏怖を送り込む。なのにとても温かい……」。作家の森絵都さんの小説「永遠の出口」(集英社刊)からの引用である。2003年7月日本公開された「エデンより彼方に」はのっけから、もみじがこれから始まるメロディアスなドラマを牽引するような仕掛けとして作用している。

1957年。アメリカ郊外の閑静な住宅街。瀟洒な家が立ち並ぶ地区にはそれぞれ大きな庭があり、きちんと整理された舗道には落ち葉が黄金色の絨毯を敷きつめている。そこへ出入りする人々の服装や車はカラフルで、思わずカメラを向けたくなるような絵画的な光景ばかりだ。本作はまず色彩的に観客を魅了し、秋を待ち遠しく思わせる作品だ。
この一角に住むキャシー(ジュリアン・ムーア)は会社重役の夫(デニス・クエイド)と2人の子どもをもつ専業主婦。家には黒人のメイドがいるので家事におわれる必要はない。「家庭を守る貞淑な妻」として夫の会社の広告にも登場する街では名のしれた裕福な家庭の奥様だ。その上、美人で正義感が強く性格もよい。キャシーを含む郊外主婦たちは時折、互いの家を訪問してお茶をのんで楽しく過ごしている。時間もお金もある恵まれた階級の人々だ。女性たちのウエストがきつく締まりふんわりと茶碗型に膨らんだワンピースやスカートの色彩は艶やかで、時代考証はぬかりなく再現されている。普段あまり化粧っけを感じさせないムーアも本作ではバッチリ主婦メイクをほどこし、他のどの出演作品よりも美しい。

さて、アメリカの現代史を振り返ってみよう。新大陸という利点からヨーロッパを戦火に包んだ世界大戦に巻き込まれなかったアメリカは、その幸運をしかと利用して急発展をとげた。1950年代はアメリカにとって最も平和で安定した時代だったのだ。その後、公民権運動が盛り上がりウーマンリブの嵐が席巻し、それまでの一元的な価値観が崩壊し、価値観の多様性を強いられる時代へと突入していった。
ヒロインの不運は夫の性的嗜好を知った日から始まる。価値観が多様化した現代でも自分のパートナーが実は同性愛者だと告白されたらショックを受ける人の方が多いだろう。キャシーが生きた1950年代という時代は、マイノリティーに属するということを隠さなければ生きるのが辛い時代だったことは想像に難くない。夫の嗜好がフツーと違うと周囲の人間に相談する訳にいかず、公にはおしどり夫婦を演じなければいけない彼女の生きる世界は、古今東西とわず欺瞞に満ちた表層的なつきあいをよしとする。他人の不幸を面白おかしく吹聴し人の足をひっぱろうとする人間はゴロゴロいる。

キャシーの不安や心を癒す存在として黒人の庭師、レイモンド(デニス・ヘイスバート)が現れるわけだが、ここで彼女は大きなミスをおかしてしまっている。自分の家族が差別を受けることを恐れるあまり、使用人の立場を思いやることを完全に忘れているのだ。
当時、黒人差別がアメリカ全土でいかにすさまじかったかは言うまでもない。本作でも黒人の子どもがプールに入っただけで穢れるとしてひきあげたり、石を投げつけたり、一緒に会話しているだけで好奇の目でみられる、そんな時代だったのだ。キャシーを取材するため訪れたジャーナリストまでも露骨に黒人の使用人を蔑視する様子がさりげなく描かれている。

差別や悪意の存在とは無縁の世界にいた主婦はそのことに完全に無知だった。だから使用人と友人のようにつきあっただけなのにいわれのない噂をたてられることになり、噂を耳にした夫との関係がぎくしゃくすることになる。家庭では夫の問題を、世間では自分に関する中傷を。ダブルパンチを食らうキャシーの孤独な闘いは、ある意味では世間しらずの主婦の軽率な行動に起因しているとも言える。
心配してくれる親友に決心してレイモンドへの純粋な思いを打ち明けると、親友に呆れられる。

そんな時代に世間を敵にまわし「全米黒人地位向上委員会」にボランティア参加する決心をする中年主婦の決意と信念は称賛に値する。
噂の被害者は勿論、キャシーだけではない。レイモンドも又、同じ黒人たちにまで蔑視され浮いてしまい、職を失い土地を離れることになる。価値観や思想を共有できると信じた2人の間に俄かに生じた仄かな恋心は物悲しい音楽とあいまって加速する。典型的なメロディアスな女性映画とわかりつつ引き込まれていくのは、本作に込められたトッド・ヘインズの差別への抵抗姿勢が静かだがひしひしと伝わってくるからだ。
キャシーの直面したアメリカ国内の社会問題は、現在、どれだけ解決されているのだろうか?

*「エデンより彼方に」(2003年7月12日 日本公開)
エデンより彼方に : 作品情報 – 映画.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*