小河原格也 – Kakuya Ogahara

《居住地》神奈川県横須賀市

《活動地域》神奈川県 三浦半島

《得意分野》作業療法(リハビリテーション)
専門領域:高齢期・地域

《プロフィール》作業療法士として病院・施設で勤務し、現在は大学で教育と研究を行っています。

作業療法は、単に身体機能の向上を図るだけでなく、在宅生活や社会参加を促し、一人ひとりの生きがいや自己実現のための作業を支援することによって、QOLの向上を目指します。その際、自分史は非常に有効な支援の1つだと考えています。また、これらは病気の有無に関わらず、全てのひとの健康に共通して重要なことです。

日本を元気にするために、自分史を活用した認知症・閉じこもり予防などを現在計画中です。協力していただける方も募集していますので、ぜひ宜しくお願いいたします。

《連絡先》Email: ogahara-kアットマークkuhs.ac.jp