2019年10月19日横浜 自分史活用アドバイザー認定講座開催報告

一般社団法人自分史活用推進協議会では、2019年10月19日横浜にて「自分史活用アドバイザー認定講座」を開催しました。幸せの自分史づくりを広げようと活動している河野初江(一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事)が横浜で開催した「自分史活用アドバイザー認定講座」について報告します。

「自分史活用アドバイザー認定講座」は、自分史を作ったり、出版したり、活用したい人をサポートする「自分史活用アドバイザー」を養成する講座です。自分史の魅力とつくり方、活用法などが一日で学べるとあって、いろいろな専門分野の方が受講する人気の講座です。

受講者は自分史活用アドバイザーの資格を取得することができます。「自分史についてきちんと学び、資格を取得したことで自信を持ってお客様の自分史作成を手掛けることができるようになった」「お客様から自分史作成の声がかかるようになった」など、受講後は自分史作成の分野で活躍する人も多く、また生涯学習の講座の講師として活躍する人も増えています。

会場となった横浜情報文化センターは、神奈川県庁もある横浜の政治と経済の中心に位置し、中華街も徒歩圏内の人気エリアにあります。今回もまた、生涯学習に長年取り組んできた方、印刷会社で自分史制作のジャンルを取り入れたいという方、開発した自社のフォトブックの普及を目指している方、人事コンサルタントの方、介護の場に自分史を取り入れたいという方、親の自分史を作ったことをきっかけに自分史の魅力に目覚めたという方など、多彩なキャリアの持ち主が参加されました。

自分史活用アドバイザー認定講座では、様々なタイプの講師が、自らの経験を交え自分史への熱い思いをこめて解説をするのもまた魅力となっています。新聞社で自分史事業を推進してきた講師、出版社で多数の自費出版を手掛けてきた経歴の持ち主である講師、国家資格キャリアコンサルタントの資格を持ち企業研修を多数手がけている講師が、それぞれ専門とする分野の講師を務めました。

今回もまた講師の実体験に満ちた話を通して自分史への熱い思いが伝わったようで、「自分史の分野に大きな可能性を感じた」「高齢者だけでなく若者にもぜひ自分史を広げたい」「経営者のキャリアヒストリーのヒアリングの仕事に生かしたい」「ビジネス的な要素からカルチャー的な要素までカバーしてあり素晴らしい」「カリキュラム構成が良かった」「ワークも講師の話もいずれも充実していて、あっというまに1日が過ぎた」「適度な緊張感があり良かった」などの高い評価をいただきました。

一般社団法人自分史活用推進協議会ではこれからも全国で「自分史活用アドバイザー認定講座」を開催していきます。自分の地元での開催を望む方は、どうぞ自分史活用推進協議会のホームページにて希望をお寄せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*