自分史活用アドバイザー認定講座@東京 2015年6月28日

医療系ライターで薬剤師でもある畑川郁江アドバイザーのブログ記事です。畑川アドバイザーはネット上で完結できるエンディングノート(生涯の鍵 La Clef d’une vie)の運営もしており、その中で特に医療の事前指示書の重要性を訴えています。

【自分史活用アドバイザー認定講座@東京 2015年6月28日】

2015年6月28日(日)に自分史活用アドバイザー認定講座が東京国際フォーラムにて開催されます。
私、畑川郁江は講師のご用命をいただき、一部の章を担当させていただくこととなりました。
講師というよりファシリテーター、受講者の皆様に「作業していただく」お手伝いをしています。

みなさんがご自分の深層を見つめている時間はとても真剣そのものです。
紙を前にご自分を見つめている様子を見つめている感覚です。数分の間ですが、みなさんそれぞれの何十年もの歴史が頭の中を巡っていますから、その場の空気もなんとなく違います。
とても濃く、それぞれのタイムワープが融合して、同じ時間を共有していると思うからでしょうか。いつもとても強く凝縮された何かを感じます。

この講座・協議会には、書籍出版にかかわる仕事のほか、あらゆるジャンルの方が参加しています。先日は某大企業の社長、某学校の教授、士業の方、コンサル業、接遇等の講師、映像関係者、冠婚葬祭業……、そして、20代のひたむきな瞳輝かせた学生さんも。目的も様々でご自分が書きたい、ご親族へプレゼントしたい、新規事業へつなげたいなど多岐にわたります。

私自身は医療関連になりますが、あまり他業種への接点がないのでとても新鮮でした。
様々な視点でものをとらえるという意味でも本当に良い勉強になります。
是非ご自分の幅を広げる一部としてもご参加いただければ幸いです。

今年の認定講座は東京以外にも浜松、仙台、大阪、横浜とたくさん広がりを見せ始めています。

お申込みは以下のページから。

【6月28日(日) 東京・有楽町】自分史活用アドバイザー認定講座1日間コース

自分史活用アドバイザー認定講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*