医療に効くエンディングノート(自分史)

自分史活用アドバイザーの畑川郁江です。

自分史活用アドバイザー横浜支部のご厚意により、「医療に効くエンディングノート」
という講座を開き、お話しさせていただきました。

実は、わたくし「横浜出身」(東京在住)の自分史活用アドバイザーです。
他にも、「横浜出身」(東京在住)の今里勝信様、三瀬隆様も積極的横浜支部メンバー。
横浜力は支部代表の河野初江様の暖かさ、支えるメンバーの皆様の集まりですね。

医療や介護と接点がなさそうな「自分史」。
それが……。「あるのよ!」
よく効くのです。

いのちの終わりに近い時、処方箋は薬ではなく、その方の自分史、物語。
物語に寄り添う医療・介護へと移ります。

自分史活用アドバイザーになり、多くの医療・介護の従事者様、命に真剣に向き合う患者様に出会う機会が増えるに従い、改めて思いました。

この続きは、自分史活用アドバイザーの集まる機会で是非リアルでお話ししたいですね。
この企画を運営された河野理事に改めて御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*