東北で2回目! 5月24日(日)仙台にて「自分史活用アドバイザー認定講座」開催☆

自分史で福島県を元気に!
自分史を綴ることで、ふくしまの記録を残すことのお手伝い
自分史活用アドバイザーの武田悦江です。

いつもサイトをチェックしている方は、すでにご存じのこととなりますが、
今月24日(日)に仙台市で「自分史活用アドバイザー認定講座」が開講されます!
今日は、そのお知らせのために急ぎブログを書きました。

「協議会は東京都にあるのに、地方での開催はどうやってるのだろう?」
と疑問に思われている方もいらっしゃると思います。

地方開催のアドバイザー認定講座とは?

実は地方開催は、地方在住のアドバイザーが中心になって開催しています。
今回の主催者は仙台市に住む誉田和子アドバイザーです。

誉田さんは、昨年12月に仙台市で開催されたアドバイザー認定講座を受講。終了後、正式にアドバイザー登録をしました。講座受講の一番の動機は「大好きな父親の歴史をまとめてみたい」という個人的なものでした。またヨーガ講師として東北で初めてヨーガ専門のスクールを開講し、多くのインストラクターを育ててきたご自身の経験と実績をまとめておきたいという思いや、ヨーガの生徒さんたちに、自分史をよりよい形で活用してもらえたらという気持ちがあったそうです。

アドバイザーになってたった数か月で
認定講座を仙台で行おうと思ったその動機とは?

ヨーガの指導者として多くのインストラクターを育ててきた誉田さん。自分史活用アドバイザーとしてのご活動ぶりも容易に想像できます。でも、アドバイザー登録をして、わずか数か月で認定講座を行おうとした、そのきっかけは何だったのでしょうか。直接、誉田さんに伺ってみることにしました。

誉田アドバイザー「講座を開こうと思ったのは『東北でこそ(自分史が)必要だ』と思ったからです。私はヨーガのスクールを東北で一番最初に立ち上げたので、東北6県から生徒さんが来ていました。みな、同じような思いをしているのを感じたからかもしれません。あの大震災で大切な人を失った方も数多くいらっしゃいました。(自分史という手段を使って)亡くなった方の歴史を整理するということで、喪失感が少しは癒されるかもしれないと思ったからです。いろいろな意味での自分史の持つ可能性、それを感じたからでしょうね」

自分史アドバイザー認定講座、ただ今お申し込みを受付中です!

自分史と、今回の仙台でのアドバイザー認定講座に対する誉田さんの思いを感じとっていただけましたでしょうか。24日(日)に開催予定のアドバイザー認定講座は、まだまだご参加可能です。会場は仙台駅から徒歩10分ほど。この機会に、私たちの仲間になりませんか! 一緒に東北を自分史で盛り上げていきましょう!
みなさんからのお申し込みを、心よりお待ちしています。

【5月24日(日) 仙台】自分史活用アドバイザー認定講座1日間コース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*