自分史活用アドバイザーを取ろう!

医療系ライターで薬剤師でもある畑川アドバイザーのブログ記事です。畑川アドバイザーはネット上で完結できるエンディングノート(生涯の鍵 La Clef d’une vie) の運営もしており、その中で特に医療の事前指示書の重要性を訴えています。今回のブログは年始にあたりご自分の経験からお勧めする自分史活用アドバイザー認定講座のお知らせです。畑川アドバイザーは2月の認定講座の講師を担当します!

【自分史活用アドバイザーを取ろう!】

私の2014年はチャレンジを次々に起こす必要のある時期でした。
そのチャレンジの1つが自分史活用アドバイザーの講座を受講してみることでした。
「自分史を作る」
という成果物を作ることが目的のように思われますが、何よりも作成プロセスが楽しいという点も魅力の1つです。
改めて自分見つめに「書く」という動作が加わると、主観的にも客観的にも捉えられ、それが新たな気づきに繋がります。
また、そこに他者がかかわることで自分史作りの中に客観性が更に加わります。見えなかった自分も自分史として加わっていきます。

こんなプロセスを実感することができる、アドバイザー認定講座。
2015年のご自身をステップアップさせる講座として推薦します。

私も講師として登壇します。皆様とそれぞれの自分の時間がその場で融合して新しい気づきになるようご支援できるよう、しっかり自分を見つめることとします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*