わたし本の制作例-16-

株式会社文研ビズでは、『わたし本』という自分史を提唱している。
私がサンプルとして作った『背中をトン-基本の手相編』を実践例としてこれからしばらくの間、書き綴っていこうと思う。

推敲:誤字脱字

誤字脱字のチェックは誰もが機械的にできることであり、しかしながらゼロにすることがとても難しいことだ。
いっそ、「誤字脱字はなくならない」と割り切ってもよい。
見落とす・チェック漏れすると言うことは、そのままであっても趣旨の理解には支障がないということだからだ。
もしも趣旨の理解に支障をきたすことなら、査読中に気付くはずだからである。

もちろん、誤字脱字はない方がいいに決まっている。
そのために自己チェックと第3者チェックを行うのだから。
これを行ったうえでの見落としやチェック漏れは、割り切って次に進んで問題ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*