「あなたのコトを展示する博物館」が未来に開館されるとしたら
そこにはどんなコトが、どのように、展示されているでしょうか?
レゴブロックと手を使って未発見の自分を発掘しましょう。

160501DSC09767【内容】

私たちが日々体験するたくさんの出来事の中で、普段意識していることはほんのわずかです。同じように、自分が知っている自分はあなたの一部です。

いつか未来のどこかで、「あなたのコトを展示する博物館」が開館されることになったと想像してみましょう。
そこには、自分が知っているコト以外に、知らない自分のコトも展示されています。それは、これからの人生であなたが取組む大切なテーマかもしれません。

本ワークショップでは、「あなたの博物館」で後世に残すコトを「手に考えさせる」ことによって、
また「他者からの刺激」の助けを受けることで、あなたの奥にあるあなたを発掘します。

教育理論「コンストラクショニズム」を基に開発されたLEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎ (レゴ®シリアスプレイ®) のメソッドを体験していただきます。

【募集対象】

  • 自分の可能性についてもう一度考えたい方
  • 何かしら「大切な自分」を見失っている気がする方

【期待効果】

  • 自分が知らない自分に気づく
  • 忘れていた自分を再発見する

【日程】

  • 2016年5月29日(日)
  • 受付開始:13:10
  • ワークショップ:13:30~16:00

【会場】

  • 渋谷区文化総合センター大和田 2F 学習センター 学習室7
  • 東京都渋谷区桜丘町23番21号(渋谷駅より徒歩5分)
  • 地図: http://www.shibu-cul.jp/access.html

【持ち物】

  • 筆記用具

【参加費】 (税込)

  • ¥3,000

【定員】

  • 8名

申込_紺


【講師/ファシリテーター】

hommakoichi2+間 浩一(ほんま こういち)
一般社団法人自分史活用推進協議会  副理事長/自分史活用マスター
LEGO®︎ SERIOUS PLAY®︎トレーニング修了認定 LSPファシリテータ

家族の死をきっかけに、1992年に自分史活用活動を開始、現在に至る。
ウェブで年表形式の自分史が作れる「自分史クラブ」、「自分史カフェ」、「Histy」を開発。
2010年に、「自分史で日本を元気に!」をスローガンにする一般社団法人自分史活用推進協議会の設立に参加。2014年から、ワークショップ「自分史カフェ」を開始。