201602pre-1

目指すゴールは漠然としがちなものです。

漠然とした未来も、達成しやすいゴールを描き方を知ることで、

イメージやアプローチが具体化し、実現しやすくなります。

【内容】201501_ゴール_Event Photo(logo)

今年やりたいこと、夢や目標は、大きなものから小さなものまでたくさんあると思います。
忙しい毎日の中で、これらを実現するためにはいくつかの秘訣があります。

人は意識的に取り扱える事柄は非常に限られています。
一方、 呼吸、歩く、キーボードを打つなど、多くの事を意識しないで行っています。

常に「目標」の事ばかりを考えて暮らせない状況の中、
うまく「目標」を達成するためには、
自然と目標に向うようなゴールの描き方をすることが有効です。

今回は、大きく2つの事を学びます。

1つ目は、ゴールの描き方
忙しい日常の中で、無理なく目標を達成するために
「意識」と「無意識」(意識していない状態)の特徴を理解し、自然にゴールに近づく秘訣を学びます。

2つ目は、人によって個性のある「思考の枠組」
例えば、検討する時に大枠から決める人と詳細から決める人
一言で「目標やゴールを描く」といっても、そのやり方は人によって千差万別です。

今回は、未来や過去をいま体験することで、
ゴールの実現に必要な能力や人・物・金・情報などの資源を見つけ出します。

達成しやすいゴールの描き方を学び、実際にゴールを具体化します。

【募集対象】

  • 自分の「ゴール」とそこに到達するために必要な「資源」を明確にし、達成したい方

【期待効果】

  • 自分の求めるゴールが具体的かつ明確になる。
  • ゴールに到達するために必要な資源(人・もの・金・情報など)が見つかる。

【受講者の感想】

  • 自分のなりたい状態に向き合えた
  • 無意識の影響の大きさを知った
  • 実現した状態をイメージした時にやりたい感/出来る感が変動した
  • 達成のイメージを絵にすることで具体的な目標となる
  • 達成した時の感覚を味わうことが大切だと実感しました
  • 凄く納得しながら楽しく受講できました
  • 五感でイメージすることの大切さがわかった

DSC00340+4