●タイトル:自分史によく効く!文章講座~
読まれる自分史を書くなら守りたい”7つ”の文章マナー

●日時:3月24日(火) 18時半開場 19時開始 21時終了予定

●場所:新宿区立新宿消費生活センター分館3F 会議室
東京都新宿区高田馬場一丁目32番10号
http://consu.shinjuku-center.jp/access

●参加費:自分史活用アドバイザーは無料、一般の方は500円(税込)

●講師:赤羽博之 合同会社耕文舎 代表
プロフィールは公式サイト「書きものNavi.」をご参照ください。

●内容
自分史づくりを目指される方にとって、主要な表現手段は文章。
自分だけが読む「日記」や「メモ書き」とは異なり、
自分以外の誰かに「読まれる」ことを前提に書くのであれば、
読みやすい、あるいは読みたくなるような文章であることが求められます。

この講座では、自分史活用アドバイザーの皆様が
各地で「自分史制作支援」の活動をされる際に身につけておくと便利な
「読まれる文章を書く」ためのポイントを、
事前に提出いただいた課題文を素材に、
具体的に、わかりやすくお伝えしていきます。
※伝わる文章を書きたいとお考えの一般の皆さまにも、お役に立つ講座内容です!

●課題文(150字)事前提出のお願い
講座に参加される方には以下要領にて
「課題文」の事前提出をお願いいたします。
お預かりした課題文は、講師が当日のレジュメに組み込み、
「読まれる文章を書く」ためのポイントを抽出。
個別のフィードバックを行うとともに、全体で共有していきます。
※未提出でも参加は可能ですが、希少な機会ですからぜひご提出ください!

<事前課題文>
・テーマ=「私が愛してやまない食べ物(or 飲み物)」
・文字数=150字程度
・読む人=参加される皆さん、講師
・締切り=3月10日(火)18:00 ※メールにて講師必着!
・送り先 hiro@ko-bunsha.jp
※当日講評~解説の際には「お名前」も表示されます。
ご都合の悪い方はニックネーム、ペンネームなどをご指定ください。
※「ファイルが開かない」という事態を避けるため、
メール本文内への「直貼り」をお願いいたします。
※課題文の提出がない方でも受講は可能です。
※当日持参されても、残念ながら対応できかねます。

●当日の主な内容
・オリエンテーション~読まれる文章とは?
・課題文講評「7つの文章マナー解説」
・オススメ!文章力アップの習慣~有名進学塾でも取り入れている方法とは?
・質疑応答~文章のお悩み、お困り事に具体的にお答えします!

●参加お申し込み: 下の参加申込フォームからお申し込みください。
折り返し info@jibun-shi.org から自動メールが届きます。
メールが届かない場合はお問い合わせください。

「自分史によく効く!文章講座」参加申込フォーム

[contact-form-7 404 "Not Found"]