自分史の魅力を伝え、活用法を広めることで、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にする活動をしています

子供・孫を通じた自分史作り

自分史とは言えないかもしれませんが事細かに赤ちゃんの記録をつづった成長記録は将来的に赤ちゃんが大人になった時には、ものすごい価値と歴史をもった自分史として活用できると思います。

(既にヒスティというサービスがこれらの役割を果たしてくれてはいますが・・・)

そんなことを気付かせてくれたのが
こちらのプレスリリースです。

———————-

博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂、
妊娠・育児サイト「ベビカム」モバイル課金共同事業を開始
赤ちゃんの毎日を簡単に記録・共有できるモバイルサイト『らくらくモバ育』


博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂と株式会社デジタルブティック(※1)の3社は、共同出資による新規事業として、3キャリア対応のユーザー課金型モバイルサイト『らくらくモバ育』(略称:『モバ育』)を開設し、サービスを開始いたしましたのでお知らせします。

『モバ育』は、妊娠したい女性、妊娠ママ、育児ママを応援する、「片手で簡単に赤ちゃんの成長記録をつけられる」モバイルサイト上のサービスです。
多くのママたちは、赤ちゃんが誕生し成長する一瞬一瞬を覚えておきたい、という願いを持つ一方で、ほとんど寝る間もなく育児に追われ、詳しい記録をつけたくてもその時間がない現実におかれています。

そんな忙しいママたちでも簡単に、かつ詳しく育児記録をつけることができ、またその写真や記録の一部をパパやじいじ(おじいちゃん)、ばあば(おばあちゃん)など家族とも共有することができる特徴を持っています。

『モバ育』の主な機能

★いつでも記録でき、いつでもそばにある「デジタル母子手帳」
■妊娠前・妊娠中のママの体調管理(「妊娠したい」と思った日からデータ記入が可能)
■赤ちゃんの成長記録(成長グラフ・お世話記録などを写真やコメントとあわせて保管)

★ママをサポートする、「情報」と「家族のコミュニケーション」
■ユーザーの不安や悩みに対する専門家の回答集(産婦人科医や助産師など)
■家族のコメント機能(パパ・じいじ・ばあばは、コメント投稿や一部のデータ閲覧が可能)

ベビカム

————————-

例えばこのサービスを利用して「子供(孫)の成長記録を自分史としてまとめていこう」というような切り口から、自分史に触れてみてはいかがでしょうか。

戸籍の電子化に伴い、電子化前に亡くなった家族の名前は新戸籍では消えてしまう・・・ということが問題となっていますが、ほとんどこの事実を知っている人はいないのではないでしょうか。

私も自分史活用推進協議会の池中万吏江監事に教えて頂き、初めて知りました。役所で戸籍に関する手続きを行うなどのことがない限りは知る機会がないのではないかと思います。地デジ化の案内は、ニュースや情報番組内でも、頻繁にPRしているのに・・・です。

家系図を作るサービスがありますが、とても高額です。
それも、戸籍などが残っていないため調べるために非常に時間と手間がかかるからです。
全てを管理することが必要だとは思いませんが、必要なものが失われる、個々人の歴史が失われるということは、ひいては日本の歴史が失われるのと等しいくらいに盲目的ではいられない・・・と、声をあげていきたいと思います。


方喰

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-2020-0142 担当:高橋(事務局)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
自分史フェスティバル
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人自分史活用推進協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.