自分史活用アドバイザー 桑島まさき

前号「シネマで振り返り~22 神話と運命(出自)をめぐる奇跡の物語 ……『クジラの島の少女』」で紹介した女性監督ニキ・カーロの新作映画「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」(2017年12月15日 日本公開予定)をご紹介します。

第二次世界大戦下のナチスドイツの蛮行を描いた映画作品はこれまで数多く製作されてきた。世界から戦争や紛争がなくならない限り永遠に戦争映画は作られ語り継がれていくべきである。そして、狂気の中でも危険を顧みず多くのユダヤ人救出に尽力し夥しいユダヤ人の生命を繋ぐ行いをしたオスカー・シンドラー(ドイツ人実業家)や杉原千畝(日本人外交官)等の存在も。
本作「ユダヤ人を救った動物園~~」は、あまり知られていない(?)が、大国ドイツとソ連の間にあるポーランド(ワルシャワ)で動物園を営み、ワルシャワ・ゲットー(ユダヤ人居住区)の300人のユダヤ人を動物園の地下に匿い救ったジャビンスキ夫妻(ヤンとアントニーナ)の実話を元に製作された。原作はダイアン・アッカーマンのノンフィクション「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」(亜紀書房)。映画作品は原題が「zookeepers-wife」となっているように、アントニーナの視点で描かれている。

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

1939年、ワルシャワ。ジャビンスキ夫妻は当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。広大な敷地内の一角にある屋敷内で、アントニーナ(「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャスティン)はホワイトライオンの赤ちゃんや小動物と寝起きを共にしている。毎朝、自転車で園内を巡回し動物たちの様子をみているため、どんな動物たちも彼女になついている。
しかし、ドイツがポーランドに侵攻。動物園の存続そのものが危ぶまれるが、ヒトラーに信奉する動物学者ヘックの提案で、一部の希少動物を安全な場所で保護してもらうことになる。希少ではない動物は銃弾を浴び無残にも死骸となる。そして、ワルシャワのユダヤ人たちは残らず劣悪な環境のゲットーに連行されてしまうのだった。
ユダヤ人ではない夫妻は一計を案じてナチスに、ある提案をする―――ドイツ兵の食糧を確保するために、自分たちの動物園を養豚場にして機能させてはどうか――と。それは、豚のエサとなるゴミをゲットーからトラックに運ぶ際、その中にユダヤの人々を少しずつ運びだし、動物園(夫妻の住まい)の地下に匿うという計画だった。
トラックで運びだすのは夫ヤンが、ドイツ兵に囲まれた動物園(養豚場と化したが)を守るのは妻が担当する。緊迫したシーンが続き、夫妻の計画が順調に進んでいく……。

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

ここで注目したいのは、ユダヤ人を助けた人物(シンドラーや杉原千畝)が、ドイツ人や外交官という戦時下においてリスクを免れた立場にあったのに対し、この夫妻はポーランドの一般市民である。計画が見つかったら生命の保証はない。事実、本作でも夫妻のやんちゃな息子も殺されかけた。にもかかわらず、ホロコーストに抵抗し尊い生命を救い続けた勇気は賞賛に値すべきである。戦時下は、戦地で闘う男たちばかりが話題にされるが、野蛮な行いは女性や子どもたちにも及ぶ。そして、動物たちにも……。

ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督の代表作に「コルチャック先生」(1991年9月14日 日本公開)がある。ワルシャワで孤児院を経営していたユダヤ系医師のコルチャック先生は、ゲットーの中でも子どもたちの教育のために奔走し、助かる機会があったが子どもたちの傍を離れず、移送されたら生きて戻ることは不可能な収容所で人生を終えた人物である。本作でもコルチャック先生を助けるためにヤンが申し出をするシーンがある。

生きとし生けるもの全ての生命は等しく、権利があり、守られるべきである。戦争のない時代を守り、努力することが人類の務めであることは言うまでもない。そのために一人一人ができることは……。戦後70数年、戦争体験者が少なくなり、その記憶が風化してしまわないように、戦争の実相を映像や文字などを通して記憶にとどめたい。
夫妻のワルシャワ動物園(現在も営業されている)を訪れてみたいものだ!

※「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」
2017年12月15日~ TOHOシネマズみゆき座他、全国ロードショー
「ユダヤ人を救った動物園」公式サイト
※「コルチャック先生」(1991年9月14日日本公開)
コルチャック先生 : 作品情報 – 映画.com