自分史の魅力を伝え、活用法を広めることで、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にする活動をしています

ブログ

【シネマで振り返り 9】悲しみに負けない花のように ……「ひまわり」「ライフ・イズ・ビューティフル」

自分史活用アドバイザー 桑島まさき 戦争の悲劇を繰り返さないように「戦争映画」の名作を紹介したい。 まず、1970年に公開されたイタリア映画「ひまわり」。本作で主演をつとめたイタリアの大女優ソフィア・ローレンは典型的なイ …

【シネマで振り返り 8】喜びも悲しみも幾歳月……「歩いても 歩いても」

自分史活用アドバイザー 桑島まさき 2008年6月に劇場公開された是枝裕和監督作「歩いても 歩いても」は、長男の命日に集まったある家族の夏の日の情景を切り取った家庭劇だ。海のみえる町で開業医だった老いた父・恭平(原田芳雄 …

【シネマで振り返り 7】おばあちゃんの知恵袋……「佐賀のがばいばあちゃん」「ナビィの恋」

自分史活用アドバイザー 桑島まさき 残念ながら祖母との思い出があまりない私は、明るくユニークなおばあちゃんが主役の作品に惹かれる。10年程前に公開された「佐賀のがばいばあちゃん」は、島田洋七の自伝的小説の映画化で、生活の …

全国で自分史活用アドバイザー認定講座開催

自分史の魅力を伝え、活用法を広めることで、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にする活動をしている河野初江(一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事)からのメッセージ。今回は全国で開催予定の自分史活用ア …

【シネマで振り返り 6】大事な忘れ物を思い出させてくれる宝物のような物語……「あの子を探して」

自分史活用アドバイザー 桑島まさき 中国を代表する映画監督チャン・イーモウは、日本の大スター、故高倉健を主演に迎えて「単騎、千里を走る。」(2006年日本公開)を撮ったこともあり、日本では親しまれている映画人である。私が …

父親の最後の言葉は「逝きとうない」である

おのやすなり(自分史活用アドバイザー) 父親の最後の言葉は「逝きとうない」でした。 父は私の目を見て弱々しくそう呟いたのです。 父が亡くなってから10年、私は未だにこの言葉を咀嚼できていません。いやむしろ向き合ってこなか …

【シネマで振り返り 5】人生と向き合うチャンスは思いがけずやってくる……「ミラーを拭く男」

自分史活用アドバイザー 桑島まさき 全国のミラーを拭く旅に出た男の物語である。 定年を間近に控えた皆川勤(緒形拳)は、マジメに働き、もうじき無事に勤め上げようとしている。寡黙で責任感が強く、良き夫、良き父としての使命を黙 …

デジタル時代のフィルム写真の扱い方

おのやすなり(自分史活用アドバイザー) 社内教材や商材に使う経営者の方の「ライフストーリー」をまとめさせて頂くことを提案するのに、サンプルとして自分のものを作成しております。 文章もまとまり、年表を作成し、そこに使う写真 …

8月7日は「自分史の日」

一般社団法人自分史活用推進協議会代表理事の河野初江(らしくラボ主宰)がお届けする自分史の魅力と楽しみ方。今回は、8月7日「自分史の日」、東京原宿で開催するトークイベント「ターニングポイント」を紹介します。 「自分史で日本 …

【シネマで振り返り 4】ターニングポイント……「スライディング・ドア」「愛と喝采の日々」

自分史活用アドバイザー 桑島まさき ちょっとした出来事が人生を変えることがある。 もし、あの学校に入っていたら……。 もし、あの時、あの人と別れていなかったら……。 もし、あの仕事を断らなかったら……。 もし、あの時の試 …

Page 2 / 18123»
  • メールでお問い合わせはこちら
自分史フェスティバル
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人自分史活用推進協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.