自分史の魅力を伝え、活用法を広めることで、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にする活動をしています

小川利久

小川利久 – Toshihisa Ogawa

小川利久《居住地》東京都北区

《活動地域》日本全域

《得意分野》高齢者福祉マネジメント、認知症ケア、管理者、介護職員研修

《プロフィール》エイジング・サポート実践研究会 代表
1981年、新潟大学農学部林学科森林計測学教室卒業
現(株)長谷工コーポレーション入社、住宅販売企画、有料老人ホーム・シニア住宅の事業企画等を担当、民間企業第一号となる有料老人ホーム立上げ。
その後、(株)くれいん館・人間行動研究所にてシルバー事業等の企画、主にグループインタビュー手法に基づくマーケティングおよびコンサル業務に携わる。
2000年国内第一号の制度的認知症高齢者グループホーム立上げ(奈良市)。
2001年現・社会福祉法人きらくえん、法人事務局長として個室ユニット型の創設期モデル的事業・特別養護老人ホーム「けま喜楽苑」立上げ後、西日本初の個室空間化・居住エリア分散型の別養護老人ホーム「いくの喜楽苑」施設長(兵庫県)。
複数の社会福祉法人経営マネジメント、施設オペレーションマネジメントに携わる。
2003年東京都・個室ユニット型特養公募に採択され、2004年、社会福祉法人ファミリーに奉職、社会福祉法人ファミリー 理事・法人本部長、兼特別養護老人ホーム「ハピネスあだち」施設長として特養における口腔リハビリ・摂食嚥下機能評価、看取り援助を確立。学習療法実践モデル施設となり足立区学習療法実践研究会創設。
2013年4月、シンガポールで開催されたAAIF2013(AGEING ASIA INVESTMENT FORM)にてユニットケア、口腔リハビリ、学習療法、看取り援助の統括的ケアシステムが評価されMAJOR AWARD受賞。
2014年4月、エイジング・サポート実践研究会設立、現職。
一般社団法人日本ウエルエージング協会理事
特定非営利活動法人エイジング社会研究センター理事
東北大学加齢医学研究所附属スマート・エイジング国際共同研究センター東京分室スマート・エイジング・カレッジ東京事務局長

<著書等>
月刊シニアビジネスマーケット(連載)「高齢者の行動から考える環境・技術・ひと・数字」、
(連載)「特養の看取り援助に学ぶ高齢者ターミナル住宅の提言」
(共著)「いのちをつなぐ看取り援助~特養の介護を支える経営と看護から」(出版;エイデル研究所)
(共著)「点滴はもういらない」(ヒポ・サイエンス出版)

《連絡先》Email: t.ogawa@ageing-support.com

《ウェブサイト》「エイジング・サポート実践研究会」ブログ
利久(Rikyu)の「エイジング・サポート実践研究会」ブログ

自分史活用アドバイザー紹介

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-2020-0142 担当:高橋(事務局)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

自分史活用アドバイザー紹介

  • メールでお問い合わせはこちら
自分史フェスティバル
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人自分史活用推進協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.