自分史の魅力を伝え、活用法を広めることで、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にする活動をしています

富田芳和

富田芳和 – Yoshikazu Tomita

富田芳和《居住地》神奈川県青葉区

《活動地域》横浜市、鎌倉市、川崎市、世田谷区、武蔵野市

《得意分野》晩熟、死、没後という、人生のクライマックスについてのあらゆるテーマに関心をもって勉強をしています。自分史については、グリーフケア、人生総括、追悼、良き思い出をキイワードに仕事ができることが希望です。仕事の経歴では、アート(美術)関連の編集(雑誌、書籍)と、展覧会などの企画立案、運営を専門としてきました。

《プロフィール》早稲田大学第一文学部美術史学課程終了。美術年鑑社『新美術新聞』編集長、芸術新聞社『アートトップ』編集長など歴任。現在、河村アートプロジェクト、チーフ・ディレクターを務めるかたわら、株式会社静人舎取締役チーフ・ディレクターとして、「思い出を本にする」プロジェクトを推進中。著書に『プロジェクト写楽』(ランダムハウスジャパン)ほか。

《連絡先》Mobile: 090-5509-6301
Fax: 045-873-4431
Email: tomyyoshi@me.com

《ウェブサイト》河村アートプロジェクト
株式会社静人舎

自分史活用アドバイザー紹介

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-2020-0142 担当:高橋(事務局)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

自分史活用アドバイザー紹介

  • メールでお問い合わせはこちら
自分史フェスティバル
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人自分史活用推進協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.