自分史の魅力を伝え、活用法を広めることで、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にする活動をしています

平中尚子

平中尚子 – Naoko Hiranaka

平中尚子《居住地》大阪府大阪市中央区

《活動地域》関西圏

《得意分野》『10年後も笑って居たいね!』を合言葉に起業家や頑張る皆さまの応援サポートに【大人の部活動のススメ-ハーティネス主催の勉強会】サークルを運営しています。部活動の1つ『すこやか部』は『自分や家族の健康のために出来ること』をテーマに健康寿命の延伸に関心のある方々とスキルを活かして健やかな生き方を提案するゲスト講師がプチセミナーやワークショップを通じて交流しています。
自分と周りが元気でイキイキと暮らすためには『予防』が大切。介護・認知症予防は基より、自分史を活用したイキイキ・ワクワク暮らすためのヒントや企画を発信して参ります。周りを巻き込みヤル気にさせるのが得意です。すこやかカフェ(毎週金曜日、大阪市中央区谷町四丁目で開催)に是非お越しください。

《プロフィール》独身時代は商社、広告代理店、保育所などで勤務。
子育て中は自営業の夫の事業(建築・飲食業)のサポートの傍ら小学校の支援員・ガイドヘルパー・学習塾での指導等を通して発達に凸凹のある子供達のサポートを行う。離婚を機に起業、H&Nプランニング設立。
販促物の企画・制作及び、テレアポ等の営業支援の業務を通して小規模事業者のサポートを行う。
実母の認知症を契機に介護士の資格を取得し介護現場も経験。2015年11月介護・認知症予防を事業化するため株式会社ハーティネス設立。大阪市すこやかパートナー企業として登録しウォーキングやiPadを使った認知症予防トレーニング・健康講座・健やかカフェなどを開催。
ビジネス・プライベート・年齢や障害の有無を問わず、集う人が明るく新しいチャレンジが出来る場づくりを目指して活動を行っている。実母が50代で糖尿病、70代には高血圧から脳梗塞、骨粗鬆症からの圧迫骨折と生活習慣病のほぼすべてを網羅し、認知症から徘徊を繰り返し行方不明で警察沙汰にまでなった経緯を見てきた中で『予防』の大切さを実感し『自分が好し』と感じることを実践中。『笑顔になれること』『自分と周りを幸せにしながら安定した事業を創ること』『自然体で過ごすこと』が活動の基盤です。

《連絡先》Mobile: 090-3705-6599
FAX: 06-6920-6626
Email: heartiness.2@gmail.com

《ウェブサイト》WEBサイト
☆みんなの得意分野を活かしあって高齢化社会をもっとハッピーに!
☆あなたのビジネスの成長をお手伝い
Facebookページ
☆大人の部活動のススメ-【ハーティネス主催の勉強会】
☆今日から出来る認知症予防 ハーティネスの健康寿命延伸プロジェクト

自分史活用アドバイザー紹介

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-2020-0142 担当:高橋(事務局)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

自分史活用アドバイザー紹介

  • メールでお問い合わせはこちら
自分史フェスティバル
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人自分史活用推進協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.