自分史の魅力を伝え、活用法を広めることで、自分史を活用して自分らしく生きる人を増やし、日本を元気にする活動をしています

自分史活用アドバイザー認定講座

自分史活用アドバイザー認定講座

自分史活用アドバイザー

自分史のつくり方、表現法、活用法の基礎知識と実践方法を習得する講座です。認定講座を受講し、試験に合格することで資格を取得でき、マスター認定講座の受講資格が与えられます。

 

受講資格 受講者はパソコンやインターネットで、文章の作成やメールの送受信など基本的な操作ができることを前提としています。
受講料 30,000円(税込)
特典、メリット ・自分史活用アドバイザー認定証が発行されます。
・毎年、自分史活用アドバイザー認定カードが発行されます。
・自分史活用アドバイザーに登録すると、自動的に一般社団法人自分史活用推進協議会のアドバイザー会員になります。
・協議会のロゴを使用し、自分史活用アドバイザー(登録商標)の名称を使用して活動することができます。
・自分史活用アドバイザーのコミュニティに参加し、他のアドバイザーと交流することができます。
・協議会主催のイベント、交流会に無料もしくはアドバイザー向け割引価格で参加することができます。
・アドバイザー向けフォローアップ講座に参加できます。
・自分史活用アドバイザーとして、協議会のサイト内に写真&プロフィールを掲載し、活動のご紹介をします。
・自分史関連の講座、セミナー用のプレゼン資料、ワークシートなどのテンプレートを利用できます。
・協議会のサイトで、自分が企画、主催する自分史関連のセミナー、講座などの告知ができます。
・協議会に依頼があった講師などの仕事を紹介します。
・自分史関連の講座、セミナーの開催、その他アドバイザーの活動に関するアドバイスを協議会スタッフから受けられます。
講座回数、時間 1回、トータル約9時間
カリキュラム ○第1章 自分史の魅力と活用法、表現方法
・自分史とは
・自分史の歴史
・自分史をつくる意味
・自分史をつくるメリット
・自分史の四つの機能
・自分史に対する否定的考えと、それに対する回答
・自分史の表現形式
・自分史の発信方法の多様化
・自分史の切り口の多様化
・自分史の各表現方法の比較
【ワーク】自分史年表をつくってみよう
○第2章 自分史のつくり方
・自分史制作のための基礎知識
・全身でつくる自分史
・自分史作成のプランをつくるための「6W2H」
・原稿をまとめるときのポイント
【ワーク】自分史のプラン、プロットをまとめてみよう
○第3章 自分史を出版する
・自分史を出版すること
・自分史出版のルート
・自分史を本にする際に決めること
・自分史が本になるまでの作業の流れ
・自分史を出版するための費用
・出版を進める際のチェックポイント
・本ができた後のこと
【ワーク】自分史本の企画をまとめてみよう
○第4章 パソコンを活用した自分史のつくり方
・パソコンで自分史をつくる利点
・自分史づくりに役立つパソコン用ソフト、機器
・自分史づくりに役立つネットサービス
・スマホ、タブレット用アプリ
【ホームワーク】パソコンを使って簡単な自分史をつくってみよう
○第5章 自己分析ツールとしての自分史
・自分史のもう一つのイメージ
・なぜいま、「自己分析」、自分を知ることが大事なのか
・自分史を使って「自己分析」をすることの意義と意味
・自分らしさがわかったときの喜び
・自分史では、自分の過去が全部つながっていると気づくことがある
・自分史で自己分析するときの六つの原則
・他のできごとと照らし合わせることで見えてくること
・自分史で人生を振り返ることの大切さ
【ワーク】過去の自分を捉え直す
○第6章 パーソナルブランディングツールとしての自分史
・パーソナルブランディングとは
・なぜパーソナルブランディングが重要か
・パーソナルブランディングツールとしての自分史の機能
・パーソナルブランディングに自分史を活用するときのポイント
・パーソナルブランディングと自分史活用アドバイザー
【ワーク】自分史をもとにプロフィールをまとめてみよう
○第7章 コミュニケーションツールとしての自分史
・コミュニケーションをよくするために
・自分史を活用して自己開示する
・自分をよく知ることで、自分のことを伝えやすくなる
・相手をよく知ることで、相手に合わせたコミュニケーションがとれる
・ジョハリの窓
・職場でのコミュニケーション
・家族間のコミュニケーション
・ソーシャルメディアと自分史
【ワーク】ヒーロー(ヒロイン)インタビュー
○第8章 自分史活用アドバイザーの仕事の実際
・自分史活用アドバイザーが目指すこと
・アドバイザーの仕事の二つの方向
・個別の案件でのサポート/コンサルティング的な活動で必要なこと<深める仕事>
・自分史作成のサポートの実際<深める仕事>
・自分史活用のサポートの実際<深める仕事>
・啓発/提案的な活動で必要なこと<広げる仕事>
・協議会からのサポート
・協議会のウェブサイトについて
・アドバイザーとして仕事を進めるためのポイント
・自分史で日本を元気に!

自分史活用アドバイザー認定講座 横浜自分史活用アドバイザー認定講座 兵庫県尼崎市

マスター自分史活用アドバイザー

自分史活用アドバイザーを育成する認定講座を開催する講師としての知識と技術、講座の運営力を習得する講座です。認定講座を受講し、試験に合格することで、マスター資格を取得できます。

受講資格 自分史活用アドバイザー有資格者
受講料 50,000円(税込)
講座回数、時間 1回(数時間) ※講義と別に、後日提出の課題、Q&Aセッションもあり
カリキュラム ○アドバイザー認定講座の開き方
・講座の企画、プロモーション、運営について
○アドバイザーの教授法
・アドバイザー養成のための教え方
○アドバイザー認定後のフォローアップ
自分が養成したアドバイザーをどうフォローしていくか
○協議会の支部の運営
支部の運営方法
協議会事務局とのコミュニケーション

 

スキルアップ講座(勉強会)

自分史活用アドバイザーになった方々に、いろいろなテーマで、専門性を磨くためのスキルアップを図る講座(勉強会)を開催しています。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-2020-0142 担当:高橋(事務局)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人自分史活用推進協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.