自分史活用アドバイザーの西川真理子さんが、2月27日に岐阜県瑞穂市開催された自分史講座の講師を務めました。以下は西川さんのレポートです。

————-
日時: 2月27日(土) 13:30-16:00

場所: 岐阜県 瑞穂市総合センター あじさいホール

主催: NPO法人いなほの会
※介護予防事業を展開するNPO法人
その一環として、「四つ葉塾」をなさり、
その中の「老い支度講座」4回シリーズの1回

参加者: 市民41名(男性7名、女性34名)
NPO法人いなほの会 5名
埼玉から自分史活用アドバイザー・戸来さんとご主人と私の合計49名

内容:
自分史活用協議会テキストにしたがい、自分史の紹介
「私が一番輝いていた時」というテーマでグループ発表しながら
自分史を書くまでの過程を実体験
自分史作品の見本として、戸来さんにご自身が作られたアルバム自分史
について10分くらいお話していただき、西川は、伊丹市の講座で作った
受講生の作品冊子を紹介した。

主催者コメント:
スタッフ反省会では、休憩のお茶タイムがよかった、戸来さんのアルバムが大変、
興味がわき感動した、自分史は面倒だと思ったが、西川先生のやり方は分かりやすかったしできそうな気がする、参加者の皆さんが退屈せず、実践できたのが良かった、などの意見が出ました。
———-

nishikawa-ph1

nishikawa-ph2

nishikawa-ph3